今からお金を借りるのにオススメの即日審査キャッシング業者

今からお金を早く借りるのに欠かせない「最短30分審査」のみを厳選掲載しています。

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ 「アコム」

アコム

業界最大手アコムの特徴

14時までのオンライン契約完了で即日振込み可能です。(無人機は22時までの営業)
三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行のどれかの口座を持っているなら平日19時まで振込対応。楽天銀行は365日24時間対応です。

審査 最短30分
融資 最短1時間
収入証明書 50万円以下は不要
備考 無利息期間:最大30日、年利:3.0%〜18.0%
1秒診断のアイフル

アイフルイメージ

東証一部上場アイフルの特徴

14時10分までのオンライン契約完了で即日振込み可能。(無人機は21時までの営業)
ランキング内で唯一の専業消費者金融として上場しているので、消費者金融ならではの独自の審査基準はポイント。

審査 最短30分
融資 最短1時間
収入証明書 50万円以下は不要
備考 無利息期間:最大30日、年利:4.5%〜18.0%
三井住友フィナンシャルグループ 「プロミス」

プロミス

プロミスの特徴

14時までのオンライン契約完了で即日振込み可能です。(無人機は22時までの営業※)
三井住友銀行・ジャパンネット銀行のどちらかの口座を持っているなら、曜日関係なしで24時間最短10秒で振込融資が可能な「瞬フリ※」が利用できます。

審査 最短30分
融資 最短1時間
収入証明書 50万円以下は不要
備考 無利息期間:最大30日、年利:4.5%〜17.8%

※一部21時までの無人機もあります。プロミス自動契約機と三井住友銀行のローン契約機のどちらも利用可能。
※瞬フリは土日祝でも、22時までに契約完了すれば24時間振込融資をしてくれるサービスです。

三井住友銀行グループ 「モビット」

モビット

プロミスの特徴

審査結果によりますが14時までのオンライン契約完了で即日振込み可能です。(無人機は21時までの営業)
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のどちらかの口座を持っている+社会保険証or組合保険証を持っていればお勤め先確認の際の電話連絡なしのWeb完結申し込みができます。

審査 最短30分※申込の時間によっては翌日の取扱となる場合あり
融資 最短即日
収入証明書 求められる場合も
備考 年利:3.0%〜18.0%

 

→ ランキングの続きはこちらで発表中です

今からお金を借りるのに確認しておきたい2つのこと

審査スピードは業者によってバラバラ

ネットで申し込んでから審査が終わるまでに掛かる時間は業者によってバラバラです。特に銀行系になると、即日融資は難しい傾向にあるので、審査が早い消費者金融がオススメです。

即日振込を希望する場合は時間も大事

銀行の振込時間によっては、当日中に振込みが反映されない場合があります。その目安が14時です。
14時を回ってから振込みをされても、翌日に振込みが反映されて当日中に現金が引き出せない事もあります。

 

この2つの条件をクリアする業者が、ランキングにも掲載しているアコム・アイフル・プロミス・モビットです。

 

アコムが人気No.1の理由

審査時間が最短30分

ネット申し込み〜審査終了までが最短で30分という、業界でトップのスピード感です。
遅い場合でも平均して1〜2時間もあればお金が借りられるので、今日中に借りたい!という方から支持されています。

 

振込対応している時間が長く、提携する金融機関が多い

アコムでは初回振込時のみ、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っていれば平日の19時まで対応しています。また、楽天銀行の場合は365日24時間対応なので、14時を回ってからでも借りられるケースが多いのが特徴です。

 

初めてなら最大30日間は利息0円

初めてアコムを利用する方であれば、無利息期間が適用されます。利息分の支払いが無くなれば1食分のご飯代ぐらいにはなるので、ユーザーにとってはありがたいシステムです。

 

貸付率がナンバーワン

アコムは新規貸付率が大手消費者金融の中でも最も高い水準にあります。つまり、新規で申し込んだのに審査に落とされてしまった…という人の割合が最も低いということです。

 

↑今からお金を借りるTOPに戻る

初めてのキャッシングに知っておくべきこと

初めてキャッシングを利用するんだけど…という人は、金利や借り方、申し込み、審査、返済に遅れた場合など分からないことが沢山あると思います。

 

そんな人の為に、お金を借りる為の基本的な知識を掲載しておくので参考にして下さいね。

 

安全なキャッシングは大手を選ぶのがテッパン

安全なキャッシング会社を選ぶ

初めてキャッシングをする時は、どこから借りたらいいのか多数会社があり迷うことがあると思います。

 

リスクなく安心してお金を借りるなら、やはり大手が迅速で一番安全性が高いのは間違いありません。なぜならアコムやアイフルは大手都市銀行が斡旋しているからです。

 

現在は法律も変わり、法定利息を超えるような違法な金利を支払わせらる心配もありません。またATMが全国どこにでも多数あり返済や新たなキャッシングをする際に便利です。

 

ネットで申込・振込と、全てネットで簡潔するのが一般的ですが、無人契約機を利用する方が最短で借りられるので、いまだに根強いニーズはあります。

 

その際は、契約機のブースに入り契約書に必要事項を記入したり、免許証などの身分証明書をコピーを取ったりと、事務的な手続きを行います。面接などはなく、誰か人に会ったりするようなことはありません。

 

不明な事は電話が繋がるようになっていて、その都度確認することが出来ます。ブースは完全個室なので他人が入って来たりすることもないので焦らずに申込みが出来ます。ただし、ネットで申し込みをして審査が終わっていれば、後はカードを受け取るだけなので時間は掛かりません。

 

申し込み当日にも借りられる

在籍確認の電話

審査の際の在籍確認は、個人名で勤め先に電話をして本当に申込み者が申請をした会社に在籍しているかを確認するだけです。

 

キャッシングの件での在籍確認ですと決して言いません。在籍確認で勤め先にキャッシングに申込んだことが知られることはありませんので安心してください。

 

もしそれでも不安ならば、予め「クレジットカードの在籍確認があるかも」と周りの人に伝えておくという人も多いです。

 

即日融資が可能なキャッシング会社を選べば、審査にかかる時間も短く申込み当日にお金を借りることができます。

 

主婦や契約社員、派遣社員では銀行からお金を借りることは難しいですが、消費者金融の場合は銀行に比べると審査も通りやすいです。

 

審査が通ればすぐにお金を借りることができるので急にお金が必要な場合は便利です。返済が滞らない限りは郵便物やダイレクトメールなども一切届きません。返済もATMからいつでも出来ますし、残高も確認出来ます。

 

即日で借りたいなら適正金額で申し込む

今ではスマホ一台さえ持っていれば、申し込みをした当日中にお金を借りられる即日融資ができるほど便利になりました。

 

そうした利便性の向上もあって、カードローン利用者の数は2013年のデータによると1279万人にも登るとされています。

 

日本の人口が1億2000万人なので、実に国民の1割が利用している計算になります。

消費者金融貸付残高 約8.2兆円
消費者金融利用者 約1,279万人

出典:金融広報中央委員会「知るぽると」

 

しかし全国民が働いているわけではなく、実際の労働人口は6600万人程度との報告があるので、働いて収入を得ている人の4〜5人のうち1人はお金を借りた経験があるともいえます。

 

ちょっと交際費の足しに3万円借りたい。
生活費が足りなくなったので5万円借りたい。
旅行に行くのに10万円ぐらい借りたい。

 

というように、主な利用目的は娯楽・交際費、生活費の補填として、10万円以内を借りる人が多いというデータもあります。

参考:カードローン利用に関する実態・意識調査

 

そうした数万円をすぐに借りたい!というニーズであれば、毎月安定した収入があれば審査に通ることは難しくありません。

 

しかし、「事業資金として100万円をまとめて借りたい。」「50万円ほどまとまったお金を借りたい」という高額になると、即日融資は難しくなります。

 

カードローンがここまで普及した背景の一つに、無担保で使用目的を問わないフリーローンであることが挙げられます。

 

通常、銀行などからお金を借りようと思えば担保や保証人をつけないと貸付をしてくれませんし、教育ローンや住宅ローンというように利用目的が決められた融資が一般的でした。

 

しかしカードローンは申込者自らの信用力を担保としてお金を貸してくれるという、利便性の高い信用取引です。

 

お金を貸す業者側からすれば貸し倒れのリスクと隣り合わせなので、信用情報機関の情報を参照し、在籍確認を行い、審査の過程で可能な限りのリスクを排除した上で貸付を行います。

 

こうした背景を考慮すれば、貸付金額が高額になればなるほど貸し倒れや回収不能になった時の損失が大きくなるので、審査に慎重にならざるを得ない(=時間が掛かる)ということが分かると思います。

 

その為、多くの場合「50万円以上」の融資の場合には収入証明書の提出が求められるのです。

 

↑今からお金を借りるTOPに戻る